荷物の梱包に何を使う?緩衝材と密閉袋が便利!

旅先で大活躍のプチプチ

ネットショッピングで買い物をすると、商品の梱包材としてプチプチが使われています。ビニールでできていて、小さな空間に空気が入っています。これに包めば、外部の衝撃を防げます。通常は中身を取り出せばゴミになります。そのまま捨てる人もいれば、ストレス解消として一つ一つつぶしていく人もいるでしょう。このプチプチをとっておき、旅行の時に持って行きます。国内でも海外でもどちらでも使えます。IT機器など壊れるのが困るようなものは、このプチプチでくるんで持って行きましょう。空港で荷物を雑に扱われたとき、その衝撃で壊れるかもしれません。プチプチでくるんでおけばそれを防げます。その他、余分を持って行って、お土産を包むのに使えます。

チャックタイプのビニール袋を活用

買い物などで、商品を入れるためにビニール袋を使うかもしれません。これは上の部分がフリーなので、きちんと閉めるには縛るなどしないといけません。無料では置いていないですが、チャックタイプのビニール袋があります。主に食材などを保管するときに使います。空気を抜けば密閉状態にできる袋です。これを旅行の時の荷造りなどに使います。化粧品や洗面用具、その他IT機器など何かをまとめたいときにこの袋に入れておきます。また、下着などを持って帰るときにも便利です。普通の袋だと臭いが気になりますが、チャックが付いているタイプだと臭いが出てきません。液体の容器などをそのままカバンに入れると液漏れが気になりますが、チャックが付いているのでカバンに直接漏れるのを防ぎます。